話の説明がうまい人は資料をなるべく使わない

とにかく第一のポイントはここかもしれない。

ストレートにいうと、リアルタイムで書いて説明する人。
この説明が凄くわかり易い。

資料はあとで読んどいてくらいの「資料放置プレイ」。

頭の中で言いたい事をもちろん資料にびっしり書いたのでしょうが、資料を見ちゃうと説明が頭に入らないし、読みながら説明されると、別に今説明しなくても資料みりゃわかるよという気持ちにさせてくれる。

要点のみをきっちり説明してくれる人はうまいなぁと思いました。

「・・・」

まとめ

共通するポイントとして、1つの説明をするために、『説明』と『資料』の二つのフィールドで計画が立っている。

* 『説明』 は 『資料』 に依存しない
* 『資料』 は 『説明』 しない
* 『説明』 はポイントごとに進行している
* 『資料』 は読ませず、見せるだけ


こんな感じです。

人それぞれ自己流があるかと思いますが、なにかの参考になればと思います。

myy*clipからリブログ
京都で京番茶が買える有名な店が二軒ある。「一保堂」と「柳桜園」である。一保堂が老舗の大店の構えに対し、柳桜園はぐっとこじんまりした、京町家の住居の風情である。
myy*clipからリブログ
私生活が少なければ少ないほど、体験によるインプットが減り、アイデアも無いのにそれを持ち寄って会議してひっくり返しても何にも出ない。だから会議は長引き、貧困なアイデアが出て、売れない、帰れない。グルグルグルグル繰り返しているわけです。
how many suns ?からリブログ
自分に英語を教えてくれた教師はイングランドの方だったのですが、その時に言われたのが、「小太刀くんが気にしている発音はすべて、植民地の方言です。ヤツらの英語はすべて間違っています。この地上に正しい英語を喋れる人間はブリテン島にしかいません。堂々と間違いなさい」というものでした
how many suns ?からリブログ

前置きがすごく長くなってしまったが、 僕がいま考えていること、多くの人に聞きたいことは以下の3つだ。

1.向上心があまりなく、身体が丈夫でなく、コミュニケーションが取りにくい人間に、できる仕事はあるか。
2.そういった仕事を、人口100万以上の都市まで車で4時間かかるような、田舎に作ることはできるか。
3.そういった仕事に限らず、都会から田舎に仕事を流すことはできるか。

そう簡単に答えが出ることじゃないと思うけど、なにかできることはないだろうか。 と思って、ここ数日ずっと考えてます。

how many suns ?からリブログ
中署によると、2人は4日午後10時半ごろ、名古屋市中区栄3丁目にある「スターバックスコーヒー栄東急イン店」の店内に爆竹を投げ入れて破裂させ、業務を妨害した疑いが持たれている。店内には客と店員が数人いたが、けがはなかった。

 動画には、1人が正面玄関前で爆竹に火を付けた後、「スタバが嫌いみたいです」と言いながら玄関から投げ込んで逃げる様子が写っていた。中署によると、もう1人が撮影係だった。

 投げ入れた男性が5日朝、中署に「私がやりました」と出頭してきたという。
how many suns ?からリブログ
餅っておいしさ・めでたさ・ユーモア・危険性、あらゆるものを孕んだ食べ物だと思う

Twitter / 9_Tarantella (via ajinotatakinamennna)

色気すらある

(via pipco)

kiurun's Tumblrからリブログ
 未成年者の飲酒は、「未成年者飲酒禁止法」という法律で禁止されてい ます。

 なぜ、成人するまで飲酒は禁止なのでしょうか。
 これにはきちんとした医学的な根拠があるのです。

理 由① 脳細胞の破壊が加速される
 1つめの理由は、「アルコールは脳の細胞の破壊を加速する」からです。

 人間は生まれたとき、だれでも約140億個神経細胞を持っています。
 これが、20歳を過ぎると、1日10~20万個ずつ壊れていきます。
 脳の神経細胞は、一度壊れると二度と再生しないので、20歳を過ぎるとどんどん減っていくことになります。

 アルコールは、この破壊を加速すると言われているのです。
 どんどん脳の神経細胞を発達させていかないといけない、大切な未成年の時期に、脳細胞を早くも破壊させてしまうことは、その後の人生に大きく影響を与え てしまいます。

理 由② アルコール分解能力が未熟
 未成年の飲酒が危険な理由の2つ目は、「未成年はアルコールを分解する仕組みが未熟なため、全身の臓器に負担がかかるから」で す。

 アルコールは、肝臓で分解されてアセトアルデヒドという物 質になるのですが、これは毒性が強く、十分に分解されないで身体の中に残ると、全身に悪影響を及ぼします。

 未成年者は、このアセトアルデヒドを分解して無害にするために必要な酵素の働きが弱いため、大人よりも、この有害な状態で長く身体の中に留まってしまい ます。
 そのため、全身の臓器に悪影響を及ぼし、とても危険です。

 ここで特に要注意なのが、「急性 アルコール中毒」です。
 ただでさえ分解する仕組みが成人より遅いのに、「一気飲み」のように、さらに急激にアルコールを身体に入れると、いくら身体がフル回転でアルコールを分 解しようとしても処理能力を超えるため、先ほど述 べた有害物質であるアセトアルデヒドが身体に残り、動悸や嘔吐、ひどくなると意識障害、血圧低下、呼吸停止から命を失う危険性もあります。
 なお、2006年は、一気飲みによる急性アルコール中毒で、全国で2名の死者が出ています。
 一気飲みは大変危険ですので、絶対にしないようにしましょう。

理 由③ アルコール依存症になりやすい
 3つめは、「アルコール依存症になりやすくなる」からです。

 アルコールを飲み続けると、脳のアルコールに対する感受性が変化し、アルコールを2、3日飲まないでいると、手のふるえ、発汗、イライラ、不眠、動悸な どが出て苦しくなります。(吐き気や下痢を起こす人もいます。)
 さらにひどくなると、幻覚(身体に虫の大群が這って来るなど)や痙攣なども起こします。これを「離脱症状」といいます。
 こうなると、自分は酒をやめたいと思っても、身体が言うことを聞かなくなり、ブレーキのきかない車のように、自分の意思でお酒をコントロールできなく なってしまいます。
 このような状態のことを「依存症」といいます。

 どのくらい飲むと依存症になってしまうかは、体質や飲み方によっても違い、男女でも違います。
 しかし、早く飲み始めればそれだけ、早くこの状態に至る危険性が高くなることは確かです。
 特に未成年者は、心身が未発達なため、適度な飲酒をするという判断力がなく、自己抑制がきかないため、依存症になる危険性が高くなります。

 また妊娠している女性の場合、飲酒によって流産、死産の率が上がり、また「胎児アルコール症候群」といって赤ちゃんにも影響をきたす危険性があります。

 さらに飲酒によって、男性はインポテンツ、女性は月経不順になるおそれがあります。

さ いごに
 また、ここで重要なことをお話します。

 飲めない人に対し、「根性がない」などといわれる場合がありますが、これは大きな誤解です。
 飲酒の強い、弱いは、生まれつきの「体質」によるところが大きいの です。
 日本人は、アセトアルデヒドを分解するための酵素のはたらきが元々弱い人が多いため、少しの酒でも、アセトアルデヒドが体内に蓄積し、吐き気などの症状 を起こしやすくなるのです。

 この体質は、遺伝によるもので、終生変わることはなく、努力で飲めるようになることはありません。
 日本人の2人に1人はこの体質であるといわれています。飲めない人にお酒を無理強いするのは、相手を苦しめることになるのです。


 未成年者の飲酒は、その後の人生の幅を大きく狭めてしまいます。
 本人だけでなく、周囲も、その自覚を持っていきましょう。
myy*clipからリブログ

「ある場所でやっていけない人間は、ほかの場所でもやっていけない」というような話を好む人間もいる。

ぼくが学部で京都大学をやめて大阪外大に入ろうとしたとき、そういうことを言われた。

でも、実際に大阪外大に行ってみると人間も雰囲気も大違いで、ぼくはずっと幸せになることができた。

それ以来、そういう言説は信用していない。

人間の集まる場所は、一部の人が思うより、ずっと多様性に富んでいる。

Something Airyからリブログ
献血した人に日赤が提供するもの
ジュース1本程度

日赤が病院に販売する血の価格
赤血球濃厚液-LR「日赤」血液200mLに由来する赤血球 - 8,169円
赤血球濃厚液-LR「日赤」血液400mLに由来する赤血球 - 16,338円

日赤社員の平均給与(事務職)
約1200万(平成20年度実績)
献血 (via shibata616)
Something Airyからリブログ