だから、人のマネでいいんじゃないんすか、最初は。この人のスタイルカッコいいな、ってパクって、マネを極めて。そうするとだんだん退屈になってきて、自分なりにやり出すじゃないですか。
how many suns ?からリブログ
イチローが「なんでそんなに頑張るの」って聞かれて「僕、いくらもらっていると思います?」と返した逸話カッコイイな。おれも仕事の不備を責められた時は同じ台詞で返そうと思う。
how many suns ?からリブログ
英国チーズ委員会が2005年に行った調査によると、眠りにつく30分前にあるチーズの小片20gを食べた後、男性の75%と女性の85%が、奇怪で鮮明な夢を経験することがわかった。その奇妙な夢の原因となるチーズが、世界三大青カビチーズの1つ、「スティルトンチーズ」である。
haneuma.tumblrからリブログ

アイスクリームとホットコーヒーの組み合わせというものは、あまり広まってはいないように思える。
 しかし、実は意外といいものなのである。
 右の写真にはマクドナルドの商品を採用したが、店や商品名にこだわる必要はない。スーパーでアイスを買って、自宅でコーヒーをいれていただいても、おいしさが体験できるであろう。

 アイスを一口、二口すくって食べる。そうすると甘くて冷たい感覚が楽しめる。
 通常は続けてどんどんアイスを口に入れていく。この場合、どうしても「冷たすぎる」状況に陥る。私の場合、歯が悪かった時期には、歯ぐきにしみてしみてしょうがなくなり、「うまいけど痛い」ということになりがちだった。
 昔、「煙が目にしみる」という歌があったが、「アイスが歯にしみる」のは、ちょっと具合がよろしくない。
 そこでコーヒーを一口、二口すする。冷たさが緩和される。コーヒーの味と香りが口の中に広がる。これがいい。バランスがいいのである。
 イタリアのデザートに「アフォガート」というものがある。アイスクリームにエスプレッソかなんかをかけるものだが、やはり日本人としてはアイスクリームとホットコーヒーを交互に食べ、飲んでみたいものである。

how many suns ?からリブログ
日本でこの「ストレスをかけ過ぎると壊れる」というのが認識されないのは簡単で、日本の成功者の殆どが「過度のストレスを耐え切った」選別された人たちだからです。でも当人は選別されたと気づいていません。自分の回りにいるのが選別された人ばかりだから、世の中の人はみんなこんなものだと思っています。弱い人がいるとは全く思わないので、そういうのにぶち当たると異常にしか見えません。苦労して成功すれば成功するほど、この傾向は強まります。
— 想像力のない超人たちが「繊細な弱者」をへし折ること | 独り言v6 (via growmoss)
how many suns ?からリブログ
ツイッターは人を前にしないでゆっくり推敲しながら話せるけど、リアル対面コミュニケーションは一瞬一瞬の瞬発力が大事だから(わたし、ネットでは話せるけど現実では全然ダメだわ……)って落ち込むの、ネット世代の悲劇って感じする

Twitter / owariowariowari

この発想はシビれた。確かに「文章だといけるのに、どうして……」というストレスはありそう。

(via shingi)
myy*clipからリブログ
あなたを突き刺し、打ち砕き、恥じさせ、叩きのめした後に手を伸ばして学びに導くものこそ名言、名著。俺の言いたいこと全部言ってくれてる系は、あなたのしょぼいプライドを満足させて金をむしり取る道化。
Twitter / @whosaysni (via bgnori)

you’ve exceeded your daily post limit.

(via petapeta)
how many suns ?からリブログ
そもそも、営業しないといけない時点で、フリーランスなどありえない。
私がしっているまともなフリーランスのひとは、まずほどんど一切営業していない。独立した瞬間から営業などする必要がなく、営業をしたこともない人がほとんどだ。別に知名度があるわけでもない。それでも受け切れないほど、仕事が舞い込んでくる。信用の積み重ねがあるからだ。
Something Airyからリブログ
だって、女には、一日一日が全部ですもの。男とちがう。死後も考えない。思索もない。一刻一刻の、美しさの完成だけを願って居ります。生活を、生活の感触を、溺愛いたします。女が、お茶碗や、きれいな柄の着物を愛するのは、それだけが、ほんとうの生き甲斐だからでございます。 -太宰治:皮膚と心
Twitter / おざきみほこ (via jinon) (via jacony) (via vmconverter)
2009-05-09 (via gkojay) (via celsius233) (via yasunao-over100notes) (via suyhnc) (via spirallife) (via ctenolepisma)
Something Airyからリブログ
以前読んだ拷問の本に、心理的に一番ダメージの大きい拷問は「可能性や選択肢を与えてから奪う」と書かれていた。刑務所でも脱獄の可能性を垣間見せ「脱獄するぞ」と決断させてから「そんな可能性はない」と知らせると以後大変従順になると。凄い話だけど、仕事だと普通にある光景じゃないかと震えた。

Twitter / tarareba722 (via mug-g)

だとすると始めっから信用せず期待も持たないという処世術は心理的には効果があるということか。

(via yoosee)
Something Airyからリブログ